ヴィーガンリンク

1年ヴィーガン(vegan)生活をして起きた体調の変化や体重減少

川にいる女、森健康・栄養

ヴィーガンをしていると、よく質問を受けますが、その中でも1番多かった質問「体調や体重の変化」について書いていこうと思います。

1年間、私はヴィーガン生活を行いました。様々な体調の変化があったため、みなさんに紹介したいと思います。

これにより、さらにヴィーガンに興味を持っていただけると幸いです。

こんな人におすすめ
  • ヴィーガンになるメリットを知りたい!
  • ヴィーガンの体調はどうなのか知りたい!
  • ヴィーガンって痩せるの?体重は減少した?
  • 便秘解消になるって本当?

ヴィーガンは体重減少しやすく痩せる

野菜

ヴィーガンになって、

1ヶ月くらいで数kg落ちました。その後も落ち、半年で5kgほど体重が減少しました。

ヴィーガンはやはり痩せます。

なぜなら、「肉や魚、卵、乳製品」などの高コレステロールで、高カロリーな食事は一切とっていなかったからです。

食べていたのは、「米、穀物、豆、野菜、果物、ナッツ類」です。

具体的にどういう料理を食べていたのか気になる方は以下の記事を見てみて下さい。

ヴィーガン(vegan)の普段のお昼ご飯やお弁当
ヴィーガン(vegan)の普段のお昼ご飯はワンプレートランチが多いです。お弁当は野菜、果物、豆を持っていきます。チアシードボウルは簡単ランチです。お弁当箱はスタッシャーが便利です。

しかし、ヴィーガンの料理を作るのが楽しいのと、自分で作るヴィーガン料理が美味しいのとで、体重が戻りつつあります。(ヴィーガンあるあるらしいです…)

それに加えて、私は冬は全く運動をしない人です。そのため、もともと夏と冬の体重の増減はありました。

夏頃にまた運動をするので、それに向けて体重を徐々に戻していこうと思います。 

帽子をかぶった女、空

新しくヴィーガンレシピを作るのが楽しいです。

ヴィーガンは外国人に多く、海外のレシピを多く見かけます。そのため、海外の食材やヴィーガン食材を使用する料理に詳しくなりました。また、卵の代替えや、チーズの代替えのための工夫などを知り、自分で色々挑戦するのが楽しいです。

今は、日本の食材でも、ヴィーガンの代替え料理ができることを知り、さらに料理が楽しくなりました。

ただやはり、ヴィーガン料理が本当に美味しいため、食べ過ぎてしまうので、最近気を付けています。

体調の変化

  1. エネルギッシュになった
  2. 朝の顔のむくみがなくなった
  3. 悪玉コレステロール値が半分に減少
  4. 便秘解消
ハートの器に入った果物

エネルギッシュになった

お肉の消化には、多大なエネルギーが消費されます。

日頃食べるのは、「米、穀物、野菜、果物、豆、ナッツ」なので、エネルギーの消費がお肉を摂取している時よりも少なくなりました。

そのためか、体が疲れにくくなりました。これもヴィーガンあるあるみたいです。

私の友達は、スピリチュアル的によくなって、イライラしたり、ストレスを感じたりすることが減ったようです。(友達は特殊かもしれません)

また、休日は朝9時頃まで寝ていましたが、疲れにくくなったためか、体の回復に時間を要しなくなりました。

今では6時か7時頃には目が覚め、睡眠時間が短くなったため、朝から活動ができ楽しくなりました。

朝の顔のむくみがなくなった

花、花瓶、朝

私は、体質的にむくみやすく、お酒を飲んだり、遅い時間に食べたり、満腹まで食べたりすると、次の日の朝は顔がむくんでいました。

朝、職場に出勤したときに、

友達
友達

昨日飲んでたんでしょ!

と言われても、

ミクジェンヌ
ミクジェンヌ

何もなかった、家で美味しいご飯を食べただけ、、。

こんな感じのことがよくありました。

それがヴィーガンになってからは、全然むくまなくなりました!

家畜は、人間がより利益を得るために、食塩水を飲まされ、膨張させられています。

ヴィーガンとなって、お肉を食べなくなり、野菜や果物、豆類が中心の生活となったため、ナトリウムよりもカリウムを摂取する機会が増えたんだと思います。

朝、顔のむくみがひどい時は、目にアイシングをしていたので、ヴィーガンになってむくみがなくなり、本当に朝が楽になりました。

悪玉コレステロール値が半分に減少

ジュース、ストロー

ヴィーガンの食事に変えたら、半年で140mg/dlの半分である70mg/dlになりました。

人生で初めての100以下です。

コレステロールは全ての動物性食品に含まれていますが、植物性食品には一切含まれていません。ゼロです。

ヴィーガンになってコレステロールを摂取しなくなったため、ここまで数値が下がったんだと思います。

悪玉コレステロールは血管内にこびりつき、プラークとなり、動脈硬化を引き起こします。そして、動脈硬化は、高血圧や脳梗塞、心筋梗塞を招きます。

これらの病気を防ぐためにヴィーガンを取り入れる人もいるそうです。

便秘解消

多くの果物とフルーツジュース

ヴィーガンになってから1日2〜3回ほど出るようになり、快便の時は5〜7回の時もあります。

ヴィーガンになる前は、3日に1回くらいというペースだったので、それが自分の排便ペースなんだと思っていました。

そして、腹部の膨満感がある時は下剤を飲んでいたので、家には下剤が常備してありました。

しかし、今は下剤を一切飲んでいません。

植物性食品に多く含まれる食物繊維は、便のかさを増やし、老廃物や悪玉コレステロールを排出します。

ヴィーガン食により野菜と果物の摂取がUP ➡食物繊維量UP ➡便の量UP ➡老廃物の排泄量UP/コレステロールの低下 ➡体重減少 

最後に

このように、ヴィーガンになって良かった変化が多くあり、私はヴィーガンの食生活をやめることができません。

また、ヴィーガンからベジタリアンへとなる人も一部いますが、私はベジタリアンへの変更は考えられません。

ミクジェンヌ
ミクジェンヌ

何より、私はその食生活を楽しんでいます!

環境や、動物に優しくなれ、健康にもなれるヴィーガンは、私からすれば、「一石三鳥」くらいになっていると思います。

ヴィーガンになっての変化についてや何かご質問があればコメントにお願いします。

参考:Michael Greger(マイケル・グレガー)著「How not to die(食事のせいで死なないために)」

3年次 11 講義7 完全菜食の栄養学―食物繊維
一般財団法人日本健生協会 ユーチパインズ日本校 

コメント

  1. […] ※食物繊維と便の関係についてはこちらの記事で書いていますので、興味があれば見て下さい。https://tecorgtbt.com/body-changes-2/ […]

タイトルとURLをコピーしました