ヴィーガンの人口が多い国ランキング!世界で流行している国はどこ?【2020年】前編

ヴィーガンリンク
両手、国、ランキングヴィーガン上級編
ヴィーガンリンク

ここ数年で、世界のヴィーガンとベジタリアンの人口は急激に増加しました。

過去10年の世界のヴィーガン人口増加率は300%と言われています。

アメリカ、台湾、日本、イギリスやドイツなどのヨーロッパで増加しています。

では、どこの国が特にヴィーガン人口が多いのでしょうか。

世界のヴィーガン人口

ヴィーガンの人口 ランキング
作成 tanao

№1 アメリカ

アメリカは人口の6%がヴィーガンであり、現在、2000万人に推移しています。

2009年にヴィーガンは1%の人口でしたが、その約10年後には、6倍となっています。

アメリカ人の25~34歳のアメリカ人の四分の一が自身をベジタリアンまたはヴィーガンだと主張しています。(米エコノミスト誌)

アメリカの35%の人がローミートダイエット:Low meat diet(肉を減らす生活)をしています。

アメリカは「自身の国の食事が不健康である」と自負している人が多いです。

そして、世界死因一位の心疾患は、アメリカでも一位の死因です。

また、糖尿病・肥満・高血圧の人が多いですが、医療保険が高く、医療制度が整っていません。国民全員が医療を満足に受けられないという問題があります。

このような背景がある為、自分で健康を守る必要があり、ヴィーガンの流行に繋がっているようです。

2019年は『Veganの年』とされました。(米エコノミスト誌)

この年はビルゲイツやレオナルド・ディカプリオが資金提供している『Beyond meat(ビヨンドミート)』や、『Impossible Foods(インポッシブルフーズ)』が大成功となり、ヴィーカニズムが高まった年となりました。

ビヨンドミートはスーパーに焦点を当てており、これにより、気軽にスーパーでヴィーガンソーセージやヴィーガンチキン、ヴィーガンバーガーを買えるようになりました。『世界で初めてスーパーの肉売り場に販売されたヴィーガンの肉』として有名です。そして、中国や台湾のスターバックスでビヨンドミートの商品が扱われることになったため、今後さらにヴィーガンを広めることになるでしょう。

インポッシブルフーズは本格的な肉の味の開発に成功し、様々なベジタリアン・ヴィーガン向けレストランと提携しました。これにより、本格的なヴィーガンバーガーをレストランで食べることが可能になりました。

ニューヨークは140店舗以上がベジタリアン・ヴィーガン対応の店だそうです。

2018年、「アメリカでヴィーガンに最も寛容な街」としてニューヨークが見事一位を獲得したそうです。

ニューヨークではヴィーガンであっても、何でも食べられます。ヴィーガン寿司、ヴィーガンピザ、ヴィーガンアイス、ヴィーガンタコス、ヴィーガンパンケーキなど選択肢が豊富にあります。

№2 イギリス

イギリス

イギリスは人口の7%がヴィーガンであり、470万人に推移しています。(2018年)

2006年はヴィーガンが15万人だったのが、12年後、約31倍に急増しています。

イギリスで、ベジタリアン・ヴィーガンの人は12%に及びます。

イギリスはヴィーガン発祥の地で、1940年代にヴィーガンというライフスタイルが誕生しました。

もともとベジタリアンの人口が多いイギリスでは、ベジタリアンからヴィーガンに移行する人が多いそうです。

また、環境問題への意識が高く、「家畜は温室効果ガスの原因となる」ということが広く認知されているそうです。

イギリスに400店舗持つ大手スーパー(ASDA)では、肉と魚の販売コーナーを全店舗廃止することが決定されました。(2020年)

ロンドン大学ゴールドスミス校では、牛肉を使用した食べ物が禁止されました。牛肉は温室効果ガスの原因であるため、環境に配慮して決定されました。これは、家畜を育てる土地確保のために起きた、アマゾンの大規模な火災があったからです。(2019年)

№3 日本

日本は人口の2.7%がヴィーガンであり、340万人に推移しています。(2016年)

日本は長寿国で、魚を使用した和食の文化があり、健康な食事をしているイメージがあり、なかなかヴィーガンは浸透していません。

また、島国で外国人が少なく、新しい考えを取り入れることよりも、今までの文化や考えを重視する保守的な国という印象があります。

しかし、「菜食ブーム」があり、健康意識は高まってきています。

ヴィーガンという言葉はまだ広まっていなく、食品にもヴィーガンという文字はなく、ヴィーガンマークもありません。

しかし、『植物性由来』という言葉でこっそりヴィーガンの新商品を出している企業が増えています。

もしかしたら、今日食べたお菓子がヴィーガンだったかもしれません。

「今の日本人は、アメリカ人よりも野菜を摂取していない」ということが厚生労働省や農林水産省の調査により判明しました。

以下は参考です。

日本で人気の安いランチは、牛丼、パスタ、ラーメン、おにぎり、うどん、カレーなどで、炭水化物が多く野菜が少ないです。

日頃の食事を見直し、菜食を取り入れている人は、日本も増えてきています。

また、2020年に開催予定だった東京オリンピックに向けて、ベジタリアン・ヴィーガンのお店が増えたようです。

この2年間で、成田空港にヴィーガンのお店「T’s たんたん」というヴィーガン担々麺が人気のお店が2店舗できました。

また、日本でヴィーガンのお店が最も多いのは沖縄です。東京だけでなく、京都や北海道もヴィーガンのお店が増えています。

ターゲットは外国人旅行客です。

東京大学・京都大学・神戸大学・早稲田大学・一橋大学・名古屋大学ではヴィーガン対応メニューがあるそうです。

これらの大学は、外国人留学生を多く受け入れているため、留学生に配慮してヴィーガンメニューが導入されました。

日本では、外国人やその旅行客のために、ヴィーガン市場が広がりを見せています。

№4 ドイツ

ドイツ

ドイツは人口の1.6%がヴィーガンであり、132万人に推移しています。(2018年)

ドイツの35%の人がローミート(肉を減らす生活)をしています。

10人に1人がベジタリアンやヴィーガンであり、ベルリンでは、15%にのぼります。

ドイツはトルコ系・イスラム系の移民が多く、特にベルリンはその数が増え、多種多様な人種がミックスする街です。

その背景があり、ベルリンは特に個人を尊重する街となっています。

自由で、他人に対して制限する人はほとんどいないそうです。きっと日本にある強い同調圧力は皆無なんだと思います。

「ヨーロッパで最もヴィーガンが住みやすい街はベルリン」といわれ、「ヴィーガンが世界一住みやすい街ランキング」でも常にトップです。

ベルリンのレストランでは、必ず一つ以上はベジタリアン・ヴィーガン対応の食事があるそうです。

2011年にベルリンに新設されたヴィーガンのスーパーは大人気で、ドイツ内外で店舗を増やしているそうです。

肉食文化のドイツでは、それに代わって、ヴィーガンソーセージ、ヴィーガンサラミなどが増えています。

オーガニック先進国であり、ベジタリアン・ヴィーガンも浸透しているドイツは、健康を意識する人にとってはぜひ行きたい国だと思います。

№5 台湾

台湾

台湾は人口の5%がヴィーガンであり、115万人に推移しています。(2014年)

台湾で、ベジタリアン・ヴィーガンの人は13%に及びます。

台湾には、宗教的思想により『素食(スーシー)』という精進料理があります。

質素な食事という意味ではなく、中国語で「菜食」という意味を表します。

素食は、卵・乳製品・肉・魚という動物性食品のものは一切摂取せず、ヴィーガンの食事スタイルと同じです。

それに加え、『五葷(ウーフン)』と呼ばれる、葱、韮、大蒜、らっきょう、玉ねぎも使いません。

動物性食品や五葷は、宗教的観点からすると、興奮作用があり、精神を乱すものとされ、避けるべき食品とされています。

屋台やレストランでは「素食」という言葉が多くみられ、素食を食べる人が一定数います。

日本のように「ヴィーガン」というと協調性がないマイナスのイメージなどはなく、むしろ、台湾では宗教的に推進されている食事なので、「自分はそこまで厳格にヴィーガンになれていない。すごいね!」といった反応が返ってきます。

また、現在は健康意識が高まっているため、素食にし、ヴィーガンをしている人が多いそうです。

最後に

世界ではベジタリアン・ヴィーガンの人口が確実に増えています。

やはり、アメリカの影響力は大きいですね。

セレブ業界では、ヴィーガンの人口が増え、ヴィーガンでない人は、環境問題や動物愛護に関心がない人と思われるそうです。

このように、ヴィーガンがステータスとして変化している国もあります。

日本は340万人と意外と多かったですね。日本人口は1億2500万人とヨーロッパの国に比べて母体数が多いです。

「食の好みは個人の自由」というのが、世界では常識となりつつあります。

ミクジェンヌ
ミクジェンヌ

日本も、食事を自由に選択できる環境が整い、より外国人旅行者が増えたり、日本に移住した外国人にとって住みやすい国になるといいですね!

6位以下の国については、以下の記事で詳しく紹介しています。

ヴィーガンの人口が多い国ランキング!世界で流行している国はどこ?【2020年】後編
「世界のヴィーガンの人口はどれくらいなのか」気になったので、調べてランキング化しました。前回の記事で、アメリカ、イギリス、日本、ドイツ、台湾が上位に入ることが分かりました。6位以下のヴィーガン人口が多い国を紹介しています。

以下の記事では、ヴィーガンになりやすい国をランキング化して、ご紹介しています。

ヴィーガンになりやすい国ランキング【勝手にランキング】
ヴィーガンになりやすい国を、食文化・ヴィーガン人口率・タンパク質・ムーブメント・ヴィーガンレストラン数などから判断し、勝手にランキング化してみました。

以下は参考にした数値です。

コメント

  1. […] この二大国家でご覧のように着々と増え続けています。ちなみに日本には2016年の時点で2.7%の340万人がいます。もっと詳しいヴィーガン人口の増加はこちら。 […]

  2. […] 参考:「I am vegan」https://vegan-japan.com/advanced-vegan-population/ […]

タイトルとURLをコピーしました