世界のヴィーガンニュース!まとめ【2020】

ヴィーガンリンク
ヴィーガン、地球ヴィーガン上級編
ヴィーガンリンク

今年のヴィーガンニュースをまとめました。

2020年はコロナウイルスのパンデミックにより、ますますヴィーガニズムを推し進めることになったと思います。

SNSの発達や、若者の環境問題への意識向上も、その要因の一つだと思います。

それでは、2020年にインパクトのあった世界のヴィーガンニュースをご紹介します。

EUが肉の課税を推進

牛肉

ステーキの価格を25%引き上げることで、環境への影響を抑制するのに役立つことが研究により判明しました。豚肉と鶏肉は環境への影響が少ないため、課税額は低くなります。

この課税は、今後10年間で段階的に導入される予定です。

イギリスの権威ある医療専門家グループであるUK Health Alliance on Climate Change(UKHACC)は、「食品産業が自主的に行動しない限り、環境に大きな影響を与える食品は2025年までに課税されるべきである」と述べています。

環境研究グループCEDelftによって作成されたレポートによると、温室効果ガスの排出、その他の大気汚染と水質汚染、および家畜生産に関連する野生生物の損失のコストを分析した結果、25%の肉の課税が妥当となりました。

この肉の課税により、2030年までにEUで牛肉の消費を67%、豚肉を57%、鶏肉を30%削減できることを示唆しています。

また、排出量を年間1億2000万トン削減するだけでなく、EU加盟国の料金は年間320億ユーロ増加すると見なしています。

Tapp Coalitionは、この約半分は、農家が生産物を肉から遠ざけるのを助けるために与えられるべきであると述べました。

これにより、個々の農家の収入が年間数千ユーロ増加する可能性があります。

残りは、果物や野菜のコストを削減し、貧しい家族を支援し、開発途上国が気候危機に対処するのを助けるために使用されるべきとされています。

また、ドイツの国会議員は、より高い食肉税を望んでいます。

UK health professions call for climate tax on meat
Food with heavy environmental impact should be taxed by 2025 unless food industry acts voluntarily, says alliance
EU urged to adopt meat tax to tackle climate emergency
Levy would help offset impact of farming by raising price of steak in UK by 25%, says report

ニュージーランドの学校で肉と乳製品を食べないよう注意喚起する教育カリキュラムが開始

ニュージーランド

ニュージーランドは、乳製品や肉を消費しないように学習者にアドバイスする新しい気候変動カリキュラムを学校に導入しました。

政府が2050年までにカーボンニュートラルになるという国の目標を達成するために炭素排出量の削減を推進したためです。

「畜産業・酪農業は温室効果ガス排出の主な原因である」という事実はすでに明らかにされています。

もちろん、この教育カリキュラムはニュージーランドの農業コミュニティから強く批判されています。

農産物が国の輸出の60%を占めているからです。

輸出に関しては、ニュージーランドの乳製品と肉製品の需要は、特に中国の消費者から、過去10年間で急増しました。

しかし、国の連立政権は、「若者が気候変動による将来の生活の悪影響を懸念しているので、それを導入することが重要である」と見なして、新しいカリキュラムを推進しました。

New Zealand schools to teach pupils to avoid dairy and meat
New Zealand has implemented a new climate change curriculum in schools that advises learners to avoid consuming dairy and meat.

ポールマッカートニーがUKの学校給食に肉が必須であることに異議

ポール・マッカートニー

ポールマッカートニーと娘のステラは、イギリス学校給食で「肉・魚・乳製品」が義務化されていることに対して規格を見直すように、教育大臣への手紙に署名しました。

二人は「ミートフリーマンデー」の創立者です。

肉を食べなければいけない人はいない。だから給食で肉の提供が必須であるべきではない。地球や動物、健康な食事の推進のためにも、給食規格を見直す時がきた。

ポール・マッカートニー

時代遅れの規格を見直すための同キャンペーンを率いるPETAによると、イギリス人の子供の70%が「ヴィーガン給食が欲しい」と答えています。

個人レベルでできる最善のアクションはヴィーガンになることです。

アメリカのポートランドでは、ヴィーガンランチのオプションがある学校が増加しています。

Friends of the Earthによると、メイン州からカリフォルニア州までの学区(ニューベッドフォード、マサチューセッツ州ベッドフォード、フロリダ州リー群、カリフォルニア州オークランド、ワシントン州 DC、コロラド州ボールダーバレーを含む)では、ヴィーガンランチの提供を開始しました。

カリフォルニア州では、州全体の学区に300万ドルを提供して、プラントベースの昼食オプションを含める法案が議会を通過しましたが、今年は、牛肉業界からの金銭と反対意見で取り上げられました。

https://www.pewtrusts.org/en/research-and-analysis/blogs/stateline/2019/09/30/vegan-school-lunches-expand-despite-opposition-from-meat-industry

Paul McCartney calls for meat to no longer be mandatory in England's school meals
Former Beatle and his daughters Stella and Mary sign letter to education secretary

ロンドンのエンフィールド区、行事で菜食以外は禁止

バーガー

イギリスでは自治体の取り組みとして初めて、ヴィーガン・ベジタリアン以外の食事がイベントにおいて禁止されました。

これは、気候変動と戦うためです。

地域レベルでも、国レベルでも、そして地球レベルでも気候危機に対するアクションをするべき。区が10年以内にカーボン・ニュートラルになるためには大胆で時には不人気のアクションをとる必要がある。

エンフィールド区の副代表 イアン・バーンズ(Ian Barnes)

気候変動対策として、肉の禁止はシンプルで効果のある方法です。

他の区や公的機関もエンフィールド区に続くことになるでしょう。

すでに、ロンドンの一部の病院や介護施設ではヴィーガン食が選択できるようになっています。

オックスフォード大学ロンドン大学では肉が禁止されました。

また、アメリカ内最古の病院、ニューヨークにあるベルビュー病院(海外ドラマ『ニューアムステルダム 医師たちのカルテ』のモデル病院)では、新しいスタイルの治療が利用されています。

2018年より、ベルビュー病院では慢性的な健康問題を持つ人々を助けるためにビーガン食を推進しています。

各国の政府の食事指針が地球に有害と判明

diet

史上最も広範囲に渡って行われた各国の食事指針に関する研究によると、「世界中の公式の食事指針は環境と人々の健康の両方に有害である」ということが判明しました。

調査された85か国のうち2つの国(インドネシアとシエラレオーネ)のガイドラインのみが、健康・気候危機・環境汚染などの国家目標レベルに合った指針でした。

74か国がパリ協定の結果に見合わないガイドラインを設けていました。

2019年に科学者によって発表されたプラネタリー・ヘルス・ダイエットによると、先進国では赤身の肉の消費を4分の3削減することを推奨しています。

これによって、温室効果ガス排出量の大幅な削減につながり、心臓病、脳卒中、癌、糖尿病などの病気による早期死亡数を減らすことが期待されています。

イギリスでは、プラネタリー・ヘルス・ダイエットに従うことで、食品関連の排出量が毎年70%削減され、食事関連の死亡者数が104,000人削減されます。

アメリカでは、平均的な市民の実際の食事がどの食品グループについても国のアドバイスを満たしていないことが調査で判明したため、排出量は74%減少し、死亡者数は585,000人減少します。

オーストラリアでは、排出量の削減はさらに大きく、86%で、死亡者数は31,000人減少します。

Governments’ dietary guidelines are harming the planet, study finds
Across the world, failure of official advice to provide sustainable, healthy diets is shocking, say scientists

2030年までに1900万のヴィーガン食生産に関する雇用の拡大

農場

国際労働機関と米州開発銀行の共同調査によると、「脱炭素化やネットゼロエミッション経済への移行をすれば、2030年までに中南米とカリブに2250万の雇用が創出する」ことが判明しました。 

また、「そのうち1900万はプラントベースの食生産に関する仕事である」とされています。

畜産業、酪農業、漁業など430万の仕事が失われるが、現状より1500万も多くの仕事が創出されると言われています。

そして、温室効果ガスの排出も大幅に低下することが期待されます。

果物や野菜の生産への移行は、農家にとって大きなチャンスになるだけでなく、住民にとってもより健康な食事を供給できます。

持続可能な農業とヴィーガン食への移行によって、住民の健康を向上しつつ温室効果ガス排出量を下げ、社会経済や環境にも利点がある政策をつくる際の参考になるでしょう。

Shifting Toward a Plant-Based Food System Would Create 19 Million Jobs in Latin America by 2030
A new report outlines the urgent need to decarbonize the economy in Latin America and the Caribbean to avoid climate catastrophe, a transition that will come wi...

肉食文化のブラジルで菜食者が急増

ブラジル

ブラジルは肉食文化で有名です。 しかし、ベジタリアン人口は急増しています。

調査会社であるIbopeの世論調査によると、ブラジルのベジタリアン人口は6年間で倍増し、プラントベースの産業を生み出しました。

2018年には、3,000万人、つまりブラジル人の14%がベジタリアンまたはヴィーガンであると報告しました。

世界最大の牛肉輸出国であるこの国は、ヴィーガン食への劇的な変化を起こしました。

全国のいくつかの公立学校は、通常、週に1日、肉をなくすことによって、動物由来のタンパク質を20パーセント削減しています。

Mercy for Animalsは、プラントベース食に関心のある学区や企業を参加させることに大きな成功を収めています。

Brazil Is Famous for Its Meat. But Vegetarianism Is Soaring.
The number of vegetarians in Brazil doubled over a six-year period, which has given rise to a booming plant-based industry that is seeking to turn meatpacking p...

最後に

アメリカのエコノミスト誌により、「2019年はヴィーガンの年」と言われていましたが、2020年も引き続きヴィーガ二ズムが盛り上がりを見せました。

それは、将来を担うミレニアム世代の環境危機感や、最新の栄養学によって、ヴィーガンの必要性が明るみに出たからでしょう。

2020年はコロナウイルスによって人々のライフスタイルや価値観が大きく変わったかと思います。

今まで普通であったことが制限され、普通ではなくなりました。

以前の大量生産・大量消費は魅力を失い、地球や自分自身に目を向けてる人たちが多くなったと感じます。

コロナによって変わった私たちの生活を、今後も続けていくためには何が必要で何が大切なのか、考える時がきました。

ミクジェンヌ
ミクジェンヌ

地球・動物・人間にとって、来年も優しい選択や行動が広まることを願います。

それではよい年越しを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました