バレンタインにおすすめのヴィーガンチョコレート【2021年】

ヴィーガンリンク
ヴィーガン、チョコレート、バレンタイン食事・食品
ヴィーガンリンク

バレンタインにプレゼントできるヴィーガンチョコレートをご紹介します。

プラントベースのチョコレートは大切な人の健康度も上げてくれます。

今回ご紹介するのは、バレンタインに安心してプレゼントできるヴィーガンチョコレートです。

ココシュシュ(Coco chouchou)

coco-chou-chou-chocolate

ココシュシュ』は、ヴィーガングルテンフリーに配慮したチョコレートを販売しています。

食のダイバシティーをモットーに「ハラール、アレルギー、ヴィーガン、糖尿病」の人たちに向けてスイーツ展開をしています。

生チョコレートの原材料は「カカオバター。メープルシロップ、ココア、生カシューナッツ」の4つのみです。

ヴィーガン、チョコレート、ココシュシュ

クッキーやボーロなどの焼き菓子、ローケーキ、クリームパンなどもヴィーガンスイーツとして販売されています。

『ココシュシュ』の生チョコレートはふるさと納税でも購入が可能です。

サロン デュ ショコラ ミキ(Salon du chocolat miki)

サロンドゥショコラミキ、チョコレート、バレンタイン

ヴィーガンショコラティエのミキさんによるヴィーガンチョコレートです。

2018年より「自分の家族に食べさせたいオーガニックチョコレートを作りたい」という想いから、『サロン デュ ショコラ ミキ』を始めたそうです。

全て一人で制作しているため、一日に制作できる数も限られているそうです。

材料は全てオーガニックにこだわり、乳化剤・白砂糖・乳製品不使用です。

フードジュエリー(Food Jewelry)

フードジュエリー、チョコレート

『フード ジュエリー』はブリスボールを販売しています。
「ブリスボール」とは、砂糖・添加物不使用、グルテンフリーで、ドライフルーツやナッツからできた罪悪感ゼロ“ギルトフリー”のスイーツです。

ブリスボールは、オーストラリアが発祥で、ヨガをする人たちが手作りで始めました。

ブリスボールはヴィーガンで、その原材料により栄養価が高いのが特徴です。

蜂蜜・メープルシロップ・チョコレートなどの甘味料は一切使用されていません。

モンセラート(Monserrat)

モンセラート、チョコレート

アレルギー対応・乳糖不使用・オーガニックにこだわったベルギーの会社です。

低GIでもあり、ギルトフリーなヴィーガンチョコレートとなっています。

オーガニック、チョコレート

パッケージが優しいバイカラーで可愛らしいお色となっています。

フーチョコレーターズ(foo CHOCOLATERS)

フーチョコレターズ

『フーチョコレターズ』は、昔からある日本の食材を次世代に繋ぐため、日本で古くから育てられている芋、米麹などを使用したヴィーガンチョコレートを販売しています。

ダイレクトトレードをしたグアテマラのカカオ豆からなるチョコレートとカシューナッツも使用しています。

これらの素材は、「乳製品アレルギーやヴィーガンをはじめとした、さまざまな宗教、価値観、ライフスタイルを持つ人々、1人でも多くの人に食べてもらいたい」という想いから、全てプラントベースのものを使用しています

ヴィーガン、フーチョコレターズ

箱には越前和紙が使用され、温かみを感じます。

パナ オーガニック(PANA ORGANIC)

パナオーガニック、

『パナ オーガニック』は、有機JAS・EUオーガニック認定・ オーストラリアACO認定オーガニックヴィーガン協会認定・ハラール認定・コーシャ認定を取得しているオーストラリア(メルボルン)のチョコレート会社です。

すべて手作り100%植物性原料・グルテンフリー乳製品/精製糖/大豆製品不使用です。

ビオセボンや、ボタニカルビーチ(新宿)で取り扱いがあります。

パナオーガニック、チョコレート

最後に

バレンタインギフトにおすすめのヴィーガンチョコレートのご紹介はいかがでしたか?

今は、ヴィーガンの需要が増え、バレンタイン使用のヴィーガンチョコレートも増えました。

ヴィーガンチョコレートは一般的なチョコレートの材料を使用しないので、コクや甘味、滑らかな舌触りを出すために様々な創意工夫がされています。

それぞれの企業ごとでコンセプトが違い、使っている食材も様々です。

ミクジェンヌ
ミクジェンヌ

ぜひ、色々なヴィーガンチョコレートを大切な人と一緒に楽しんでください!

低GIについては以下の記事でご紹介しています。

ヴィーガンはなぜ蜂蜜を食べないのか【理由とおすすめ代用甘味料】
ヴィーガンはハチミツを食べません。なぜハチミツを食べないのか、その理由にはヴィーガンの動物愛護や環境保護の観点があげられます。それについて説明していき、また、おすすめの代用甘味料、GI値についても紹介していきます。
食事・食品
ヴィーガンリンク
ヴィーガンリンク
I am vegan。

コメント

タイトルとURLをコピーしました