ヴィーガンリンク

食品や石鹸に含まれるパーム油は森林伐採を促進する

アブラヤシの森、パームオイル環境問題

パーム油は、さまざまな食品、石鹸、洗剤、化粧品などで使用されています。特にお菓子によく使われます。パーム油は、アブラヤシの果実から抽出された植物油脂であり、飽和脂肪酸で不健康であると言われています。

私はパーム油の表示を見ると、胸が痛くなり、思い出す話があるので紹介したいと思います。

パーム油の生産量

森林、火災


パーム油は、世界で最も生産されている植物油脂です。生産量は約6000万トンで、植物油脂の総生産量の30%を占めます。 この生産量は増加しています。 (palmoilguide.infoから)

菜種油、ヒマワリ油、パーム油に由来する燃料であるバイオディーゼルの中で、パーム油発電は森林破壊や地球温暖化などのさまざまな問題を抱えています。

EUやアメリカでは燃料パーム油は禁止されました。しかし、日本はパーム油発電を積極的に受け入れており、かなり増加しています。

世界中の密林は急速に減少しています。

2700万ヘクタールの手付かずの密林を開拓し、特定の種類の木を大規模に栽培しました。

5ヘクタールのパーム油は、1ヘクタールの他の油から採取することができます。したがって、より効率的に収集できます。

稲作以来、最大の農業革命と言われています。

世界の油脂生産量の中で一番を誇るのはアブラヤシです。 そのような単一栽培は、密林に見られる生物の多様性を維持できず、多くの動物は絶滅しています。

パームオイル、アブラヤシ
Netflix:Our Planet
パームオイル、アブラヤシ
Netflix:Our Planet

上の写真を見ると、生物が暮らしにくい環境であることがわかります。

植物は整然と植えられており、アブラヤシ以外に他の植物はほとんどないため、動物が隠れるための場所はありません。
もちろん、生き残れるものはほとんどいません。

植物油脂のパーム油は、食品や石鹸で広く使用されている飽和脂肪酸

オリーブオイル、レモン、クリスマスツリーのお菓子

アブラヤシの果実はパーム油であり、ファーストフード、サイドディッシュのフライ油、甘いパン、ポテトチップス、ケーキ、クッキー、カップヌードル、チョコレート、マーガリン、ショートニングなどのさまざまな食品に使用されています。 それは植物油脂とよく書かれています。 ただし、菜種油や大豆油も植物油脂として表示されます。

多くの食品に使用されているのは、固まったり溶けたりすると揚げたときにサクサクできる万能な油だからです。

それ以外にも、石鹸、化粧品、洗剤にも含まれています。 表示名は、オレイン酸、グリセリン、脂肪酸などです。

パーム油は便利なため需要が高まっています。 1995年から2015年にかけて、消費量は1,520万トンから6,260万トンに増加し、10年間で4倍になりました。 2050年までにはさらに4倍に増加し、2億4000万トンになると言われています。 現在、世界の平均的な消費量は、1人1年あたり8 kgと言われています。 (2018.BBC)

トランス脂肪酸は体に悪影響を与えることが示されていますが、パーム油は健康に良くありません。

パーム油は飽和脂肪酸です。 ココナッツオイル、ラード、バターも飽和脂肪酸として分類されます。 これらは室温で固まります。

健康に良いと言われている油は不飽和脂肪酸です。

米国農務省(USDA)は、「パーム油は食品事業者にとってトランス脂肪酸の健康的な代替品ではない」という調査レポートを発表しました。

パーム油が奪う命は絶滅危惧種のオラウータン

オラウータン、森

インドネシアのスマトラ北部の湿地林では、祖先が人間に最も近い種が絶滅寸前です。

オラウータンです。 子供が自立するには10年かかります。

アブラヤシはオラウータンの体重を支えることができないため、木の中を移動できません。 そのため、分割されて友達のところへ引っ越すことができない場合があります。

そのようなオラウータンが見つかると、人々は麻酔ガンを使って国立公園や豊かな森のエリアに移動させます。

過去40年間で、オラウータンが生息するジャングルは、なんと75%減少しました。

オラウータンに加えて、ボルネオゾウやスマトラトラなどの絶滅危惧種の減少が懸念されています。

多様性の宝庫である約1500万ヘクタールの密林は、毎年世界中で姿を消しています。

森林伐採は、生物種の喪失、森林火災、地球温暖化など多くの問題を招く

森の火災、川を渡る子供

自然淘汰は、生物種の優勢を排除し、密林の驚くべき多様性を維持します。しかし、大規模な伐採により、その多様性は失われています。

熱帯雨林は土地の7%しか占めていませんが、生物多様性に恵まれており、地球の種の50%に生息しています。パーム油の生産はその生物多様性を侵食しています。(2019.the Gurdian)

土地を確保するときに焼畑が行われるため、大規模な森林火災につながるリスクがあります。

さらに、二酸化炭素を貯蔵して吸収するほど密集した森林ほど地上に生息地は他にありません。

鬱蒼とした森は地球を冷やす効果があり、私たちに食物と薬を提供します。

それを排除することで、人間は自殺行為をしています。

この問題に対応するため、パーム油を使用する企業は、パーム油を使用しない新製品のリリースを開始しました。

最近、パーム油を含まないお菓子や食品が増え、コンビニエンスストアで簡単に購入できるようになりました。

下の写真は、パーム油を含まないコンビニエンスストアのポテトチップスです。 裏面はパーム油の悪影響を注意深く説明しています。

ポテトチップス、お菓子
Instagram @plamoilresearch Japanese potato chips

最後に

「他の知的財産と比較して、多くの場合、裁量は最も有用です。」

この言葉は、人だけでは控えめだとは思いません。

これは、家を奪われ、食料がなくて死ぬ野生動物や、暴力的に扱われ、ほんの数ステップで生活を終える家畜にも当てはまると思います。

製品にパーム油の使用ラベルを見ると、オランウータンと胸が痛いのを覚えています。

私たちは今、目の前の人生に集中するだけでなく、世界を見て行動することが求められています。人間は生物の頂点にいるため、包括的に物事を把握し、地球のために行動することができます。

私たちが地球を破壊したのは、地球を取り戻すことしかできないほどです。

ミクジェンヌ
ミクジェンヌ

一人一人の意識の変化が、やがて大きな動きをして地球に戻ってくることを願っています!

Reference:Netflix「Our Planet〜Jungle」

Our Planet.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました