ヴィーガンリンク

魚を食べると海の環境問題が起きる

ゴーストネット、亀環境問題

私は、お肉はもともと好んで食べる人ではありませんでしたが、焼き魚や煮魚など、魚は大好きでした。

しかし、今は魚をみると、海の環境問題や、その魚だけでなく、獲る予定がなかった失われた海の生物の命を考えてしまうため、魚を買って食べることができません。

今、漁業の乱獲、ゴーストネット、漁船の燃料による海洋汚染など、様々な問題があります。

ここでは、魚と海の環境問題について考えていきたいと思います。

魚の乱獲(日本)

東京の寿司

あらゆる海から魚が集まる世界最大の卸売市場は東京にあります。(かつての築地)

何十万もの海洋生物が1年で消費されていきます。1950~2014年の個体数推移としては、太平洋クロマグロ残り5%、サメ残り10%、タラ残り5%です。(引用:Sylvia Earl シルヴィア・アール 海洋生物学者)

サメは毎年数千万ものサメがヒレだけ切り取られ、海に捨てられています。

このような搾取の仕方は、生態系が乱れる要因となります。

また、メーンヘーデンという魚は、今は聞きなれないですが、昔は視界を遮るほど膨大な数が群れをなして泳いでいました。しかし、掃除機のような巨大な機械で捕獲され、数が激減しました。鶏のエサにするためです。そして、メンヘーデンは油が豊富なため、オメガ3のサプリとしても乱獲されています。

今の時代は、世界人口の増加に伴い、大量生産が行われています。それは、漁業でも同じです。

犠牲となる多くの命

カメ、海の環境問題

巨大な網を使って、不必要な大きな魚や、イルカやサメ、カメまでもが網にかかってしまい、命を落としています。

1kgの魚をとるごとに、5kgの不要な生物が網にかかっています。巨大な網は無差別に生物を獲っていくのです。

海では、捕食者の生物量が90%も減少しました。

くじら、ネット
Netflix:cowspiracy

あるところで、大量の魚が海に浮かんでいました。

それは、網により傷ついた魚の死骸でした。網の中でかかって傷ついたものは、このように海に捨てられます。

漁業の乱獲問題

ロープで縛られた魚

魚の乱獲により、2048年には海から魚が消えると言われています(2006年アメリカの科学雑誌「Science」に掲載された論文により)

科学者が決めた漁獲割当量など誰も守ってはいません。残さずにすくい獲っています。

世界の商業魚種資源の80%が開発し尽くされていると言われています。

私たちは、200年もかけずに、地球が40億年で築いた自然を破壊してしまいました。

海は偉大なる母です。すべての生命の誕生の場所です。私たち人間が我が物顔で、海を汚し、乱獲し、魚は絶滅に追いやられています。

乱獲、魚
Netflix「Planet Ocean」40トンの魚と共にかかるアシカ

このアシカは群れと離され、網の中でずっと泣き叫んでいました。

ゴーストネットの問題

ゴーストネット、死

漁業による乱獲は、ゴーストネットという問題を引き起こします。

ゴーストネットとは、意図的に捨てられた、または誤って落とした網が海を漂い、クジラやアザラシ、カメなどに絡みついたものを表すために造られた用語です。

毎年推定10万匹の海洋動物が、プラスチックの漁網で首を絞められたり、窒息したり、負傷したりしています。

ゴーストネットが絡まって死んだ魚

Slatの科学者チームが2018年3月22日に発行したサイエンティフィックレポートの総合ニュースによると、太平洋ゴミベルトのゴミのうち46%が漁網であり、残りのほとんどがロープや牡蠣養殖用パイプ、うなぎ用の罠、木箱、カゴなどの漁具が占めます。

また科学者たちは、瓦礫の20%は2011年に発生した日本の津波によるものだと推測しています。(引用:Foodfacts)

漁業による海の汚染

海と魚、サンゴ礁

漁業をする際、巨大なモーターがついた船を使用します。このモーターを回すために膨大な量の燃料を海に流れ出ています。

漁業をする際は、その船により海も汚染されていくのです。

船がもたらす油流出による海洋汚染の中で、漁船が最大の原因となっています。

養殖業における問題

乱獲

カタクチイワシは、人間の食用のためではなく、養殖である鮭、鯛、スズキのエサとなるため、大量のカタクチイワシが海から獲られています。1kgの養殖魚には4kgのカタクチイワシが必要となります。

では、イワシが絶滅したら次はどうするのでしょう。

地中海の養殖業はEU諸国の公的な助成金で事業を拡大しており、生物種の保全のための予防措置もありません。

乱獲天国は船の墓場(遠洋)

船
Netflix「 Planet Ocean」 ヌアディブ港 無人の船

その海での漁獲量が減ったら、漁船は遠洋へと向かいます。

遠洋は海の3分の2を占め、自由な領域です。つまり、先に獲ったもの勝ちです。

西アフリカでは悪質な船主が、貧しい漁師たちを遠洋へ向かわせます。ボロボロで壊れそうな船を与えられ、食料は滅多に遠洋まで届けられません。そのため、命を落とす人が大勢います。

モーリタニアのヌアディブ港には、何百隻もの壊れた船があり、船の墓場となっています。

このような違法漁業はアフリカで多く、魚は違法漁船から合法漁船に移され、国際市場へ売られています。違法漁船による漁獲量は推定2600万トンであり、世界の漁獲量の4分の1を占めます。

お金と海

海

大西洋クロマグロは絶滅の危機にあります。しかし、地中海でのこのマグロは合法です。マグロは高級魚であり、300kg級の大物マグロは400万円以上で取引がされます。

利益が海を支配しているのです。

クラゲが急増している原因は、この捕食者であるマグロの激減です。これは世界各地で起きている現象です。

世界各地の沿岸部400の水域が、海洋生物が生存できない「死の海域」となっています。

最後に

ビーチ、海

今回の記事の中で、初めて知り、驚いた内容はありましたか?

その時の衝撃や感情を忘れないで下さい。お魚を見た時や買う時は、思い出して下さい。

海の状況や漁業の場面は見えませんが、上記のことは事実であり、実際に起きていることなのです。

人間は生物界の頂点にいるからこそ、生き物を搾取して絶滅させるのではなく、種の保存のために行動を起こすべきだと思います。

タンパク質は、魚以外の植物性食品から摂取できます。海藻や魚に含まれるオメガ3も、フラックスシードや、ヴィーガンのサプリメントから摂れます。今は、魚を食べないという選択ができるのです。

私たちの今後の選択が、地球上のすべての運命を決めます。

「完璧に出来ないからと言って、何もしなくていいということにはならない。」

この言葉をどこかで知ったとき、とても胸に響きました。

ゼロか100%でなくてもいいのです。ただ、100%ではないからと、それに甘んじてはいけないと思いました。

ミクジェンヌ
ミクジェンヌ

海を守りたいと感じた人は、漁業の生産量を少しでも減らすために、日々の食事で魚の消費量を減らす選択肢を考えてみて下さい。

引用:Netflix「Mission Blue」,Netflix「Planet Ocean」

コメント

タイトルとURLをコピーしました